« モアの診察室 | トップページ | マリオカートACGP »

2005.02.18

セッションで初めて歌ってみるの巻  

三軒茶屋ミトラサール
トミーさんのBBBと遊びましょセッションに
遊びに行ったよ二回目ー。

今日は不測の事態で会社出たの九時、、、。
九時から行ってついたの十時。
もうなんか意地みたいなもん。
だってすごく楽しみにしてたんだもーんっ
それなのにそれなのにー
こんな時間なんてー

で、着いたらめちゃめちゃ混んでてびっくり。
お店に人がぎっしり。
そして不機嫌そうな洋平にびっくり(笑)
ピアノだけで六人?いたんだって。
(弾く機会がなかなかまわってこないんだね

で、私はといいますと、
トミーさんのこまやかな気配りホストぶりによって、
歌う機会を得ました。
ありがとうトミーさんー。

で、ミスティ。

ピアノのお姉さんとうちあわせてくださいって言われて、
うちあわせか、ふむふむ

桜子:こんばんわー
ピアノの方:私初めてなんですー
桜:いやー私も初めて歌いますよ、あはは
ピ:ほんと初めてなんですー
あとこの譜面通りしか弾けないんですー
桜:えーとキーは、、、
ピ:Fですー
桜:あー、、、(私のは譜面はC)
あたしはあわせられると思うんですけど、、、
洋平ー・・・(助けを求める

洋平:(譜面コピーを自信ありげにだす)

・・・その譜面、
E♭ですから!

残念!!
(てゆか私もずっとE♭で歌ってたし

いや結局楽器のみなさまはE♭の譜面見つつ
その場で移調という荒技でつきあってくださいました。
(すごいなぁ

まぁそんなわけなので
どんな感じだったかは想像に難くないと思いますが、
なんというか、、、
不思議とニュートラルな気持ちでした。

まぁ雰囲気練習っぽい感じだったからかなぁ
特に緊張はしなかったんだけど、
逆に言うとうまく歌おうとか表現とか
全く意識しておらず、
しゃべってるみたいな声で
ほとんど音をおってるだけだった。

そんなわけでとくにへこむわけでなく、
すっかり普通に酒のみモードでそこそこ気分よくなっちゃったので
大好きなAトレインも歌わせてもらっちた。
でもドレミトロンボーンな人がおもしろくて
そっちにばっか気をとられ
最後に戻り損ねるというのんびり失態で
トミーさんに笑われる。
あははは(だめすぎ
だって!すっごいんだよ!!
スキャットなんだけど音階をすっごい細かく
歌ってくんだけど、とにかくとにかく、
すっごいんだよ!

で、なんか思ったのは
ドレミで歌う人は口で歌ってるわけですが、
スキャットじたいはやはり管楽器のソロに聞こえるわけで
やっぱり歌とは違って聴こえる。
じゃぁ逆に歌にしかできないことって
なんだろうって思って・・・
やっぱり表現の部分なのかなって思った。
歌詞の意味であったり、歌の雰囲気であったり
例えば最初にテーマをやるときに
それがボーカルだったことで、
そこに込めた情感によってその曲の雰囲気が
その後の他の楽器のソロが
影響を受けたりすればいいのかなぁって思った。

まぁやることはなんかわかってきてるんで
あとはうまくなるだけ~(笑)

ってゆかトミーさん、
その他お名前は存じませんが
ミトラサールにお集まりの皆様
やさしく接していただいてありがとうございます。
アットホームな雰囲気に甘えて
いつものようにくつろぐことにしました。
って床に座るんじゃありません!<私

|

« モアの診察室 | トップページ | マリオカートACGP »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53755/2977976

この記事へのトラックバック一覧です: セッションで初めて歌ってみるの巻  :

« モアの診察室 | トップページ | マリオカートACGP »