« ラスカル会 | トップページ | 今がちゃんす!?  »

2005.03.07

生肉を食う小動物・・・みたいな(?)*クラムボン「てん」

クラムボンニューアルバム「てん」
買ったです。
ten

リンクはタワレコに貼ってみた。
あんま意味はないけど、amazonよりれびゅが面白かった気がしたので。

「mono」「stereo」の二枚組みで
それだけ聞くと何?それ、どゆこと?って
買ってない人が一番気になるとこだと思うんだけど、
オリジナル音源はmonoの方なんですな。
モノラル音源のニューアルバム。

世の中のCDはだぶん普通はステレオなわけだけど
なんでステレオになってんの?
ステレオの方が何がいいの?
何が違いなの?
音の広がり?臨場感?

このアルバムにおいて、monoとstereoは
mono:オリジナル音源
stereo:ステレオアレンジ・リミックス盤
という関係で、
私は知らずに「同じ内容ならステレオの方聴くだろ」とか
思ってstereoから聴いちゃったので
「なんで全部ドラムにエフェクトかかっての??」って
?になったりしてました。

monoの方がある意味臨場感、ある。
生音の勢いっていうか、
ストレートな強さがある。

このエントリのタイトルは
ちょっと迷ったんですけど
このアルバムの印象です。
小動物ってかわいいけど、普通に生肉食べるじゃん。
鋭い爪で獲物もとるわけで。
なんというかクラムボンって
そういう凶暴性を感じるですよ。
凶暴な才能っていうか…
かわいいねって思ってうかつに近づくと
指ごとちぎられちゃうみたいな。(怖いな・・・

あ!でも変な意味じゃなくて
もちろん優しさに溢れ
音に触れる喜びにあふれ
このアルバムも素直に音楽に関わる喜びを
感じさせてくれるものなのですが
だれかがストイックと称していたけど
客にこびない感じがあることを
いってるんだけど・・・。

ほら、小動物って別にかわいく見せようとしてるわけじゃないじゃん。
彼らはたまたま見た目がかわいいだけで
普通に生きるために殺生もするし、
鋭い牙も爪も持っている。
クラムボンもただ自分達のやりたい表現を
見たい世界を音楽という手段で作っているだけで
そしてそのために爪も牙も
特別鋭いものを持っている。

「爪を隠す」も「キバをむく」も
なんか違うと思うのは、
そのどちらも必要ないから。
小さくてかわいらしい生き物と見るか
夜行性の捕食生物と見るかは
見る人次第で、彼らの本質に変わりはないと思う。
それだけ彼らはそれを使って、音楽という世界で
常に生きるか死ぬか、真剣勝負、みたいな。
真っ向勝負っぷりにロックスピリッツを感じたり感じなかったり。
まだあんまり聴いてないんですけど、
とても良いアルバムであることは確かです。
好みは分かれるかもしれないけど、
自分は結局[mono]盤の方が好きかなぁ。

面白いなと思ったのが、初めて聴くのに
聴いてると勝手に歌いたくなってしまうこと。
ジャズのセッションとか聴いてる時はそうなるけど
普通歌モノでは大抵歌のメロディにひっぱられるから
あまり勝手に歌う気はしないよね。
それだけ歌モノでありながら歌モノでないというか・・・
郁子さんの歌声はすでに楽器であり
彼女の歌うメロディはその楽曲という偶然を
形作る一要素でしかない。

なんか難しげなことを無責任に書き綴り始めたので
この辺でやめますが、
イージーリスニング的にほのぼのするもよし
単純にめちゃくちゃうめ~!と驚くもよし
自分も楽器となって参加するもよし
なんか結構楽しめそうですよ、コレ。

しっかしクラムボンのドラムって
やっぱりメカの人(矛盾)じゃないの???
なんか人間味ないよなぁ、うますぎて。

今すっごくライブで見たいです。
青山円形劇場のチケット、どなたか譲ってください(泣)

|

« ラスカル会 | トップページ | 今がちゃんす!?  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

やっと聴いてます。

初めて聴くのに歌いたくなっちゃうよ。
なんだろう。
全身から音を出してるの?

この人たちの曲、
聴いてると胸がきゅーーってなるのは何だ?
恋??

バイタルサインのPVの印象が強くて、
楽器の音のとこ歌いたくなっちゃいます・・・
・・・・

投稿: あき | 2005.03.22 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53755/3201897

この記事へのトラックバック一覧です: 生肉を食う小動物・・・みたいな(?)*クラムボン「てん」:

« ラスカル会 | トップページ | 今がちゃんす!?  »