« カバーがオリジナルになる時 | トップページ | 若さじゃなくてテクニック »

2005.10.05

真夜中に目を閉じた色

★このカテゴリは桜子が昔買ってあまりきかなくなったCDを毎晩ほりかえすコーナーです。

今日は・・・家に帰れてないです。
なんか多いな最近・・・でも大丈夫。
明日・明後日会社やすむんだ~。

で、タイムリミットせまってきて、結構やばいんだが・・・

本日は中古で買ったこちらです。
Boom Boom Satellites/UMBRA

ライブであの音を聞いちゃってからは
もうすっかり心奪われちゃって
ついにアルバム全部かっちゃったねぇ、これでコンプです。

このアルバムは特に暗い。
ブンブンはもともとチャラチャラしてないっていうか
暗く重い音、暴力的かつどす黒い音
でもどこかつめたい金属みたいな質感の
音楽なんですが・・・色でいったらガンメタって感じ。
このアルバムは特に、暗いことで有名。

でもなんだか途中にはフュージョンぽい感じとか
うっかりでてきたりしちゃってあなどれない。

ところで、テクノには良くでてくる音、ありえない超低音。
ブンブンは効果的に使ってくるんだけど
あれって普通の楽器じゃでない音ですよね。
もちろんピッチがどんどんあがってく時の感じやら
ありえないリズムとかもそう、
なんていうか、人の体で出せない音に惹かれる。

あのzoooooomって感じの低音ってどうやってつくるんだろう?って
思ってたけど、そうか、音って周波数と波形だから
それをかけあわわせてデータで作るのかぁ・・・
なんか不思議。

ちょっとメジャーな匂いがするので
通好みでないかもしれないですが
私は9.SOLILOQUYが好き。
サビの前には・・・あぁ・・・きたきたきた~~
ってなる。
ちょうど直下型の絶叫マシンが落ちる直前の感覚。
ふわっとする感じ。
これが醍醐味。

|

« カバーがオリジナルになる時 | トップページ | 若さじゃなくてテクニック »

家にあるCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53755/6257611

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中に目を閉じた色:

« カバーがオリジナルになる時 | トップページ | 若さじゃなくてテクニック »