« 見ちゃったのでバトン | トップページ | »

2006.03.01

春は突然に

恋をしてしまいました!!
いやぁ、唐突に!まったくだ!

イギリスの貴公子に!ほい!これ!
jc
JAMIE CULLUM(ジェイミー・カラム)という若者。若干25歳。

甘くハスキーな歌声と力強いピアノで、「スニーカーを履いたシナトラ」とも称された、UKジャズ・シーンの貴公子=ジェイミー・カラムであるが、彼の音楽の才能はジャズだけに留まらなかった。ニルヴァーナやサウンドガーデンを聴いて育った世代だけあって、そのロック・エナジーは、音楽のカテゴリーを越えて、幅広いリスナーの心を捕らえた。『トゥエンティサムシング』においても、ジャズ・スタンダードのカバーと同列に、ジミ・ヘンドリックスやレディオヘッドのナンバーが並び、ロック・フェスとして有名なグラストンベリー・フェスティバル(日本のフジ・ロックにも出演)で、オーディエンスを一つにするほどのパワーを持つ。

なんかこの人、ジャンル分けはジャズになるんですけど
記事にもあるようにフジロックですごいステージを見せちゃったり
1stアルバムに入ってるカバーも
レディオヘッドの「High & Dry」、
ジミ・ヘンドリックスの「Wind Cries Mary」、
そしてジェフ・バックリーの「Lover, You Should Have Come Over」とかあったりして
とにかく若者らしいボーダレスな才能を見せているわけで。

私は昨日から最新アルバム
『CATHING TALES』
聞いてるんですが・・・なんつか聞けば聞くほど良くって
もうすっかり心奪われてしまって・・・
あぁぁぁ

ライブで観たい!!!と思ってたら
6月に単独来日だ~!

と思ったらプレオーダー昨日で終わってる~~!!!
ぎゃ~~~~~~~
惜しすぎる~~~~~~~~~~!!!!

でも一般発売終わったわけじゃないからまだ大丈夫です。うんうん。
土曜はがんばるぞ!と。

音楽の中身に触れてなくてごめんなさい。
とにかく~すごく~いいんですよ~~~(だめな説明)
サクラコいちおしは
9曲目「 Oh God」です。

試聴とかできるみたいなんで
百読は一聴にしかずってことで。

|

« 見ちゃったのでバトン | トップページ | »

家にあるCD」カテゴリの記事

コメント

>せしりんさん
いや~土曜がんばるしかないでしょう!!
会場でお会いできることを願いつつ・・・
ガンバロウ・・・

投稿: 桜子 | 2006.03.02 13:56

うわっ!私もバタバタしてて、チケピのメールちゃんと読んでいませんでした。失敗したー!!!
しかもクアトロだなんて。あんな小さいとこじゃチケット取るの厳しいかも。どうしよう(泣)

投稿: せしりん | 2006.03.01 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53755/8884806

この記事へのトラックバック一覧です: 春は突然に:

« 見ちゃったのでバトン | トップページ | »