« 歌舞伎スカルほすぃ | トップページ | プレママ日記 »

2006.06.23

プレママ日記②『戌の日の腹帯祝い』

ちょっと日にち遡りますが
6/14はお休みをいただいて
池袋の雑司ヶ谷鬼子母神堂
腹帯祝いのご祈祷をお願いに行ってきました。
ちょうど大安の戌の日だったので。

「腹帯祝い」というのは
まぁ、昔からのしきたりで
妊娠5ヶ月に入った妊婦さんがいよいよお腹も安定してくるので
「ここまで無事に育って、ありがとうございました」というお礼と
「無事に安産できますように」というお願いの両方の意味で
安産、子安の神様や仏様にお参りする行事です。

赤ちゃんって10ヶ月強で生まれるわけなんで
ちょうど折り返し地点って意味だろうね。

で、普通は水天宮様とかにお参りに行く方が多いと思うけど
私は以前に池袋の鬼子母神様の安産お守りをいただいていたので
(ありがとう!大事にいつも持ってます!!)
せっかくならおまいりしてみたいと思って
行ってみました。

そしたら、行ったことあるとこだったので
びっくりした!w
大塚駅から都電荒川線で「鬼子母神前」まで。
都電荒川線は昔懐かしい路面電車で
それ自体すごく情緒があります。
で、駅を降りたら参道があるので
これまた趣のある並木道を通っていくとあります。

私はお寺や神社の類が小さい頃から大好きでなんか凛とした空気があって・・・
実際樹齢の高い大樹が多かったりするせいもあるだろうけど
冷たく透き通るような空気を感じるから好き。
ここもそれがすごく強い。060614_1458001
携帯の写真で分かりにくいだろうけど
都内で二番目に樹齢の高い銀杏の樹があって
それを取り囲む赤い鳥居が幻想的。
ここはお稲荷さんを祭ってるの。

この奥にご本堂があって、多産のシンボルである
イチジクの絵馬をはじめ、安産と子育のお守りなどが売られてます。
ご本堂の中は以前の本堂にあった絵などがいくつも飾られていて
歴史的価値も高いみたいだよ。

で、そこで「磐田帯」と呼ばれるさらしの腹帯を購入し(2000円)
ご祈祷をお願いしました。(5000円)
参考にお値段書いちゃったけど、
これって良心的だと思うんだよね。
神社だと1万円超えるとことかコース制でいくつか値段があったり
するとこもあるみたい。
コース制って・・・なんかやだよね。

なによりうれしかったは、ぶっちゃけあまり待たずにすんだこと。

戌の日って月に何度かしかないし、
大安ともなればやっぱりすごく混むらしいから
覚悟してたんだけど、
ここはお寺さんなこともあって?お宮お参りのご家族が一件
あっただけで、全然待たなかった。

待ってるときも本堂内のホットカーペットがひかれたところで
お茶を飲みながら待たせていただいて、
全然ゆっくりさせていただきました。

ご祈祷の際に日頃寝るときに使っている腹巻も
持ってきていたので「これも一緒にご祈祷してください」と
お願いしたら、快く受けてくださいました。
結局さらしの腹帯ってあまり実用的じゃないからね。


ご祈祷後に私の名前や護符みたいな文句が手描きで書かれたさらしと、お供物の紅白ラクガン、
あと安産のお札をいただいたよ。

さらしの腹帯は全然つかわないなんて
きいてたけど、私はなんとなく毎晩お腹に巻いてる。
書いていただいた文字のところをお腹に当てて適当に巻くんだけど
なんか効果ある気がするw

妊婦さんは5ヶ月過ぎると急にお腹大きくなるって
きいてたけど、それ、本当で、
ほんと、急に大きくなってびっくりしてる・・・。
あと5ヶ月、がんばってね!!&がんばろう!060614_1456001

|

« 歌舞伎スカルほすぃ | トップページ | プレママ日記 »

妊娠・出産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53755/10645131

この記事へのトラックバック一覧です: プレママ日記②『戌の日の腹帯祝い』:

« 歌舞伎スカルほすぃ | トップページ | プレママ日記 »