2005.03.11

素敵めがねくんの青春時代

このエントリ、一回書いたんだけど消えちゃってるので・・・
なんか微妙に最初にかいた内容と違ってますけど。

アジカンの素敵メガネといえばボーカルゴッチですが、
桜子はゴッチと同じ年です。

このゴッチという人はどうも、その存在自体が
青春時代に触れた音楽への愛とオマージュでできている・・・
というのはいいすぎかしら?
でもそんな印象。
なんか暖かい目で見ちゃうんだよ。
クラスメイトががんばってる、がんばれ!俺達がついてるぞ!みたいな。
(意味不明)

ネタ的にはちょっと古いみたいですが・・・例えばコレ
ニュー・オーダーが日本語詞に初挑戦!
日本盤のみ"Krafty (Japanese Version)" 収録決定!!
~バーナード・サムナー(Vo)が日本語で歌うのはニュー・オーダー史上においても初の試み。
そして今回、「クラフティー」の日本語詞を担当したのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文氏。

これってなにげにすごいよね~。
すごいよ、ゴッチ・・・。
実際熱いヤツだって。
ニュー・オーダーが日本語で歌う新曲・・・ってだけでも
なぬ?!って感じなのに、その歌詞をゴッチが作るとな?!
・・・がんばれ~!がんばれ~!!ゴッチ!!
ロックキッズのドリームをカムトゥルーだ!!!

上記リンクにはバーナードとゴッチの手紙のやりとりなんかも
取り上げており、同じ文化に触れてきた同世代としては・・・
熱いです・・・なんか!!

じつは私はみたことないんですが毎週木曜日に発売されるぴあ(関東版)に
「GOTCH GO ROCK」(ゴッチ語録)というコーナーを連載していて
ゴッチが「ロック」をテーマに五十音順にアーティストや曲を取り上げてるんだって。
その内容とか見てもね、すごい共感しちゃうわけですよ。
20代後半~30代前半で洋楽聴いてた人は
みんなそうだと思う。
記事の内容は毎週リョウさんの人生イチドっきり内で
欠かさず更新されてるので、興味のある方はどうぞ~。

今週の「ト」はトム・ヨークだった模様(泣)
ゴッチ日記によると
「トム・ヨークのようになったら良いなと淡い期待を抱いて」思い切った短髪にしてしまったようですが
大ジョブなのか?!
・・・日本人があれやるといじめられっこみたいに
見えるんじゃないかしら???

でも一方でゴッチのこういう発言に触発されて
初めて洋楽に触れて、
おんなじギターロックでも米国と英国ってこんなに違うんだ~
とかなる10代若者もいるんだ~と思うと、
なんか楽しいです。

同様にちょっと汚れちまった私たちの心を
ピュアで青臭い気持ちにさせてくれる漫画『BECK
マッドハウスさん製作のアニメもものすご良いです!!!
あたし初めてアニメのDVD買ったもん!!!
昨日発売のサントラはいきなり売り切れとのことですし
ジャズとシンプルライフの部屋記事より~ゆかりんさん!あたしも買えませんでした~泣)
どうせだめだろとか食わず嫌いで見てない人!絶対一度見てみて?!!
音楽監修はインディーズ・メジャー問わずシーンの重鎮にして
最重要人物・BEAT CRUSADERSのヒダカトオル氏が担当。
コユキの歌声に平林一哉(HUSKING BEE)、
千葉の歌声にTatsuzo of YKZ、
演奏をTYPHOON24〔SENSHO1500(smorgas)、Daigo(babamania)、miya38(ex-the fantastic designs)〕
など実際に日本のロックシーンを支えているアーティストが担当。
という感じで演技はちゃんと声優さんがやって歌は音楽の人がやってるので
とにかく良い感じなのです!
声優さん、みんな巧いし。(竜介は変わってるけど・・・)
マッドハウスさんのおしゃれかつ巧妙なアニメぽくない絵も良い!

25日はライブもあるらしいです!
これ・・・泣くほど行きたい。
とてもとても行きたい。
当日券ないのかなぁ・・・。
行きたいよぉ・・・(泣

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.11.22

サイレンは最高傑作!*ゴッチ日記より

ココログはプロにすると「続きを読む」参照をつけれるんだけど
今のベーシックプランではできないのです。

ゴッチの「ソルファ全曲解説」を集めて更新してるんだけど
読みにくいよね・・・
せめてもと思って、カテゴリを「アジカン」にしてみました。

カテゴリ多すぎだね、このblog。
かえって探しにくいって(笑)

さて、遅ればせ、ゴッチの日記見ました。
今回はサイレン解説だ~。

サイレンはほんとに思い入れが深い曲なので
とても興味深かったですよ。

>シンプルなフレーズばかりだけど、「千年先を」のブリッジとその前の間奏、
>そしてもちろんイントロも自分で聴いて鳥肌が立つギターアレンジが出来た。
>ケンスイのギターも勿論素晴らしい。
>アジカンの曲の中でも、最高傑作だと思う。

なんか意味も無く嬉しくなってしまった。
ほんとにかっこいい曲なのだ!これ!

ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

ソルファ好きな曲

リョウさんとこ
ソルファ好きな曲投票には
迷わずサイレンにしちゃったけど
あの曲はシングルの方が好きなので、
純粋にアルバムで、ではなかったなぁ

勝手に反省し、もっかい考えてみたです。

で、結果、
桜子は四曲目の「マイワールド」にしたです。
ちょっと地味ではありますが、
さわやかでせつなげで
かわいいので、とても好き。

アジカンってどんどん良くなるなぁって思うのが
もともとの良さであるがりがりした音で
重そうなメロディーをがんばって歌うゴッチていう構図は
もちろんとても好きだし、
胸を焦がす?感覚は
アジカンの良さだとは思うんですが、
そういう曲って
若い子は結構かけるじゃん?
まねできなくもないから
似たような感じで良いものは結構でてきちゃう気がする。
もちろんそれば全然悪いことではないけど、
桜子はアジカン独自の良さとして、
こういうメジャーかつポップな曲が
どんどん良くなるなぁって思うんだ。
よくインディーズで人気があったバンドは
メジャーになると勢いがなくなったとか
勝手なこと言われるけど、
アジカンは逆で
メジャーになるごとになんかのびのびしてくるというか
ひきだしがどんどん広がってく感じが
すごい良いと思います。

で、このマイワールドは
なんかそのバランス感がすごく好きで
なんかちょっと青臭いとこは残しつつ、
すごくさわやかで明るい。
あとゴッチの
おっぉぉお!
が単純にかわいい。
なんか、もー、、、つきあってください(意味不明

良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

ソルファ ゴッチによる全曲解説アーカイブ

たいへん売れてるみたいですね。
良きかな良きかな。
で、公式HPのボーカルゴッチの日記にて
(結構更新されてる、しかも長文・・・
文化系素敵メガネな人なんだぁ・・・)
最新アルバム『ソルファ』の全曲解説をしています。

が、不定期なのと、日記に埋もれてしまうのもなんなので
こっちに随時保管することにしま~す。
全曲そろうと良いねぇ。がんばれゴッチ!

以下補完
***************************************************
★「ソルファ」全曲解説。第1回「振動覚」

この曲は

続きを読む "ソルファ ゴッチによる全曲解説アーカイブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)