2006.07.03

おしゃれなお店で楽しいひととき~

7/1 てきとうおんがくたい
Live@Bar OWL
無事終了しました~。
お越しいただいたみなさま、ほんとにありがとうございました!!
Bar OWL は本当に雰囲気の良い素敵なお店で
お客さんとして普通に来たいお店になりました。
ってゆか、私、出番無い間、完全に客になってたしw
これでお酒が飲めたらさいこーだったんだけどねぇ・・・
妊婦ですので・・・さすがにちょっと。
でもほんと、カクテルのメニューとかすっごく多いし
ソファの席はとにかくいごこち良くて
すっかり気に入っちゃった!

でもきていただいたお客さんがびっくりしてたのが
ここ、ステージがあるわけじゃないんですよ。
だから私はカウンターの中、はじっこに立って歌ってたのw
Omise_2
でもお客さんより低い位置に立って歌うのも
けっこう好きだった。
目線が近くなるから、なんか落ち着くっていうか。

応援にきてくださったみなさんのおかげで
とってもリラックスして歌えました。

お店の方はまたお願いねって言ってくださったので
また機会があるなら(!)ぜひ、お越しください。
もちろんライブじゃなくても行ってみるのもよし。
居心地良くてとっても素敵なお店だよ~。
おすすめです。
3cf4
写真いただいたので載せてみた~
※後ろのでっかい人はビデオ流してるだけで巨人ではないです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.30

明日の告知

Tekitoulive

てきとうおんがくたい
場所:Bar OWL(大塚)
OPEN:19:00~4:00
Live: 1st 20:00~
    2nd 21:00~
    3rd 22:00~
3セットそれぞれぜんぜん違う曲やるぽい
私の歌うとこは・・・2ndぽいです。

お店が狭いそうなので入れなかったりするといけないんですが
土曜は基本的にすいてるそうです。
雰囲気の良いお店みたいなので楽しみです!

続きを読む "明日の告知"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.06.20

ジャズでもライブやります(あわわ

先日7月15日(土)はおれママライブですよ~とお伝えしましたが
その前に、もいっこライブやりまぁす。

7/1(土)に飲み屋さん的なお店で
人数不特定(推定10人くらい)
なジャズバンド
「てきとうおんがくたい」がライブやります~。

うふふふ
なんと無謀にもジャズのライブです・・・。
ちゃんとチャージが発生するようなお店で
私などが歌っていいものか大冒険なわけですが・・・
とはいえ、自ら「ライブやるなら歌わせて~!!」と
あつかましくもお願いしちゃったので
自分の歌う二曲に関してはプロのつもりで(気持ち重視)
がんばって歌いまっす!!!!

まぁそんな感じで私の歌はともかく
「てきとうおんがくたい」は桜子がずっと大好きな
楽しくて気のいいやつらのバンドなので
彼らの初ライブを見にきていただけるとなんだか嬉しいです。
(なにげにお金とるようなライブは初だったりする)


さ~あとちょっと・・・なんとかモノにしなきゃぁね!!!!!!!
まぁあんまり気張らず楽しんじゃおう!と
こっそり思ってはいます。

ジャズは楽しい音楽だもん、ね!

てきとうおんがくたいライブ
場所:Bar OWL(大塚)
OPEN:19:00~4:00
Live: 1st 20:00~
    2nd 21:00~
    3rd 22:00~

3セットそれぞれぜんぜん違う曲やるぽい
私の歌うとこは・・・1stと3rdかなぁ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.16

響きは私の中にある

すごいものを見たー!
聴いた!
すごいものをこんなにも身近に感じて
その興奮に今も胸がおさまらない

先生のライブに行ってきたですよ!
ジャズボーカルの先生、大好きな大野えりさん!

南青山BODY&SOUL
お店せまいのにせまさを感じさせない絶妙なレイアウトですごしやすい素敵なお店で

でー、えりさん!!
すごかったよ!
いやすごいとしかいいようのない
自分のボキャブラリーのなさがくやまれますが
なにがすごいって
えりさんの、そしてメンバーも
楽しそうなことといったら!!
えりさんはブルースが好きで、
とびきりブルージーなフレーズには空気には
なんともいえないリアクションをする。
そして声がでてしまう
マイクはあったりなかったりだ

表題の言葉は最初のレッスンの時に
声を前にだそうと頑張っちゃう私にえりさんが言った言葉

今日えりさんの歌をきいて
これだーコレかーて思ったら
あやうく泣きそうになった

もっと歌わなくていいよってえりさんはよく言うけど
たしかにえりさんはうたおうとしていない
自然に歌ってしまうんだ
音楽がそこにあるから
ひびきは私の中にあるから
音はうねりとなって彼女の小さな体に入り
えりさんはそれを全身からときはなつ
音楽が産まれる喜びに
時にうち震え
その顔は笑顔にあふれ
小さな体は時に弓のようにたわみ
腕は流れを感じて常にたゆたう

今こっそり録音したのを聴きながら帰り道
鳥肌がたっちた

譜面に書かれたものをなぞるのとは違う
そこでしか聴けない
今ここにしかない音楽がある

本人達でさえどうなるか予測もできないスリリングで
声がでちゃうくらいエキサイティングな音楽
これがジャズの楽しさだと誰かが言うなら
私は入り口をまたいだことを知るわけです

とにかく私はついてる!
あるいみ私にこんなにぴったりな先生いないよ
ひとめぼれだったの
えりさん

あんまり楽しそうだから
レッスンの時でさえ
ピアノをひいてると
どうにものってきちゃって
どんどんにこにこして
ついつい歌いすぎちゃう
えりさんが大好き!

また行きたいな!
ほんとに楽しかった!!
んーなんかじっとしてられないよーw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.25

力を抜くってむずかしいよぉ・・・

今日は一日家にいて、衣変えをしたり
猫とあそんだりしてたので
夜中に久しぶりに歌を録ってみたりした。

あ~せっかくならジャズにしようかなぁとか思って
チークトゥチーク、
機嫌よく歌って録音→再生・・・

重!!!!orz
うわぁ・・・えりさんに言われたことを
今激しく実感・・・
私の歌い方ときたら・・・重くてうざい・・・

この曲って本当に可愛い歌詞
あなたとこうして踊っている時が
他のどんな大好きなことよりも
ほんとに一番幸せ!!って歌う歌なんだけど
そんな軽やかで幸せな感じが全然出てない。

最初の歌詞は
Heaven, well I'm in heaven・・・で
今天国に居る気分・・・みたいな
いきなり夢見がちでほわほわな歌詞からなんだけど
全然そんな感じしないもんなぁ。
私は今天国にいます!!って
いきなり自己主張しても仕方ないわけで
そんなふわふわで、もう浮んじゃいそうな
夢みたいな感じ・・・なんとかだしたいものです。

そのためには
力をだらだらに抜かなくっちゃ・・・
声を出すのに力を全部抜くなんて
難しすぎて
もうわけわからん・・・

なまじ自分で歌ってきたくせの分
かなり苦労しそうなんだ。

でもここを超えれば・・・ちょっと成長・・・
するはずと信じて!がんばります。
うんうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

ジャズボーカルがんばろう*その2

日曜の話になっちゃうんだけど、ジャズボーカルレッスン第二回
行ってきました。
今日はフロアの体操をメインに床にねっころがって
リラックスする運動。
えりさんいわく、一番力の抜けた状態を
自分で分かっていないと、どこに余計な力が入っているかを
感じることができない、って。

あと腹筋ね。
歌う時に使うのは腹斜筋っていう、
ビキニラインの上に斜めにある筋肉で
こいつをきたえる斜め腹筋。
桜子はとにかく腹筋がなく
それをカバーするために喉が鍛えられてしまっているので
要訓練、なのです。

ちなみにえりさんのレッスンは時間のほとんどが
この体操に費やされます。
いかに力を抜き、自分自身を音の響く筒に出来るか
声は前にだそうとせず、頬骨の上あたりから
ふっと上に抜けるように。
・・・これ死ぬほど難しい・・・。
でもこうして体を柔らかくして
体から自然に響き生まれるのを
イメージしてイメージして、掴んでいく。
はたから見るとヨガ教室っぽいです・・・

で、歌うのは残り20分くらいで、一人8分くらいの持ち時間。
なんだけど・・・この時間がすごい。
なにがすごいってえりさんが歌いすぎだから!!w
私も途中からハモられて「ギャっ!」ってなったけど
他の生徒さんの時とか、オブリガード(ジャズはそう言わないかな?)
えりさんの歌はフェイクが激し過ぎて
かえって歌いにくくないか?!みたいな。

でもすっごい楽しくなっちゃう。
えりさんと一緒に歌うの、恐れ多いけど
すっごく楽しい!!!
グループレッスンの他の人の時間って
普通はつまんないと思うんだけど
えりさんがばりばり歌うから
聴いてても楽しいし
あと、客観的に聞けるので
生徒さんとえりさんの違いが良く分かる。

ちなみに桜子の歌に関してのえりさんのコメント。
「全然悪くない。ある意味。
いい声だし。でも全部のど声、なんだよね」
きた~・・・と思いました。
これ、ほんっとにみんなに言われるので
ほんとにそうなんだと思うんだ。

喉でがんばってだしちゃってる。
私の歌い方ってそうらしい。
喉でがんばって出すのを
それなりに長い間続けてきたので
喉が強くなって、喉でだしてるのに
それなりに大きさでたりするようになった。
でも喉で出してるから
なんていうか響きが薄く、高い音とか
余裕がなくなるととたんに「ぺたっ」として
耳に痛い感じがする。
自分でそれが嫌いなので手加減すると
高い音であがりきらない。

もう弱点、見えてるんですよ、正直。

えりさんが「全然悪くない」と言ったのは
「ミュージカルで歌うなら」で
ジャズ的には
「このままやるとどんどんパワープレイみたいに
なっちゃって、そうやってくと・・・うざい」
うざいいわれた~~~~!!(泣)
でも分かる。
うざいとは言われないけど、ジャズのバンドで歌う時
楽器と溶け合わない感じ・・・
みんながやりにくそうにしてる感じ、
ずっと感じていた。

この課題曲、CHEEK TO CHEEKは
知り合いの結婚式で歌うことになってるので
なんとかバンドの音に調和するように
早く声の出し方をつかみたいです。。。
うざいなんて悲しいもん。
がんばるんだ~!!

ちなみにえりさんが「うざい歌い方」を
おおげさにやる時の歌が
あまりにもディズニーっぽかったので
笑ってしまった。
いやほんっとに、ディズニーの歌う人って
こんな風に歌うよなぁって思った。
ミュージカルかぁ・・・納得。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

ジャズボーカルはじめました

今日からヤマハの音楽教室
ジャズボーカル講座に通い始めました。
講師の先生、大野えりさんがとっても好きになったので
ここに決めてみた。
えりさんは「先生」と呼ぶと嫌がるので、えりさん。
赤い髪が素敵なプロのジャズボーカリストさんなのです。

えりさんの教えるジャズボーカルは
とにかく力を抜いて、楽に自然に
「響きは自分の中にある」
「感情は元から私にある」
だからそれを技術で外にだしてあげる、だけ。

はじめてのグループレッスンで、
前回の体験では歌わなかったので
今回は初めて歌ったわけですが
緊張はしなかったけど
自分が間違ってないか、これでいいのか
恐る恐るになっちゃった・・・

えりさんに「なんかやってた?ミュージカル?」って
言われた。え~(笑)なんだよ~ミュージカルって~・・・
そんなに声はってたのかな?って思ったけど
そういうことじゃなくて
リズムが違う、ということらしい。
私の歌はいちいち頭にアクセントがあって
いちいち小節の頭からくっきりだしちゃう。
すごい自分でも納得。
そういう傾向、あるある・・・

必ずしも悪いことじゃないと思う。
それこそバンドでやる曲では
こんなんで良かったんだろけど
ジャズっぽくない、ってだけ?なのかなぁ?

二拍目・四拍目に強くする感じが
いまいちつかめず、いきなりつまずきそうです・・・
でもえりさんが楽しいから、レッスンは楽しみ。

ちなみに課題曲は「CHEEK TO CHEEK」にしました。
「かわいい曲、もってきたわね」ってえりさんが笑った。
かわいいよね、この曲。

さっそくジャズが好きになってきた気がする。(単純)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.08

ジャズボーカル講座流し

明日早く会社にいかなきゃなので
早く寝なきゃなんだけど、ブリ大根をもうちっと煮込みたいので
寝るに寝れません。
ブリ湯通ししたらぱさぱさになった~(泣)

えぇと、表題。

ちょっと思うところありまして、吉祥寺のボイトレをいったんやめました。
んで、ジャズボーカルを習おうと思って
今日は渋谷のヤマハに見学~。

なんていうかほとんど分からなかった!!!
ボイトレの部分をいっしょにやったわけだが
ほとんどぴんとこなかった!!!orz
先生はすごくイメージと勢いで説明されるんだけど
おしりから息を吸う?
息はいてるのに空気が前からくる?!
思わず「吐いてるんですよね?!」って確認しちゃったよ。
何が前からくるんだ~??さっぱり分からない(混乱・・・

桜子は先生いわく「相当腹筋が弱い」らしい。
そもそもまっすぐ立てない。腹筋弱すぎて。
でも喉はかなり強い、ので、喉でコントロールしちゃうらしい。
そうかも・・・
鼻腔の使い方っていうか、鼻声はいい感じらしい。
なるほど。風邪ひいてるしな・・・

でもこの先生の元で習ってみたいなぁって思った。
だって先生がちょっと歌った時に
ちがいなんかすぐ分かったよ。
「管楽器の響きがする!」って思った。
うまくいえないけど、ホーンみたいな響きがあるんだよ。
声質じゃなくて発声がそういうやりかたで
で、そうすれば「楽器と一体になれる」歌が歌えるんだって。
そりゃそうだ~。
歌詞を歌ってるのに
管楽器みたいにきこえるんだから!!

これか~?!と思いました。
あいかわらず単純ですが。

友達のジャズバンドで歌う時、いつもすごく浮く感じがして
なんていうかすごい居心地が悪いっていうか・・・
演奏を崩す気がして、困ってたんです。
マイクの使い方が悪いのかと思って
最近はすっかりマイク嫌いになってしまったんだけど
たぶん原因は違うぽい。
歌い方が違うんだ~?!

ただヤマハの音楽教室は月謝制のため、
9月からじゃないと損するので、どうせできないならと思って
今月はいくつか他の先生のレッスンも
見学してみることにしました。

なんつか目からウロコ大会。
面白いよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.27

まずはいろいろ聞いてみよう~*more woman the best jazz vocals

moreエラフィッツジェラルドのcheek to cheek がききたくて
買ってみたコンピレーションなわけですが・・・
一曲目、目的の・・・で感想
「え?!これってこんな曲なん??!!」

・・・先日のエントリにゆかりさんから
「チークはスタンダードですよ~」ってコメントをいただきましたが
これ聞けば確かに・・・
ってゆか、もともとこんな曲なのか?
こんなゆっくり???
桜子が聞いたことあるのは
人にもらったので誰が歌ってるとかもすでに分からないものなんですが
結構ポップス的なアレンジというか、
すっごい早くなってて、あからさまに踊る感じなので
もともとがそういう曲かと思ってた・・・。

前に書いた訳がやたらとテンション高いのも
そのバージョンを元にしてたからなんですが(笑)

このアルバム自体は結構トラディショナルな感じ?
古くさくて楽しくて幸せな曲がいっぱい。
あ、もちろん現役の若い方もたくさんいらっしゃいますが
曲がね、良い意味で古臭くて好きな感じなんだ。
全部女性ボーカルでいろんな方がいるわけですが
素朴な疑問、ジャズの女性ボーカルって、
なんかほとんどみんな声低いよね?
これってなんで?
その方が楽器にあうのかなぁ?

でもジャズのボーカルリストって伸ばすとこすごいきれい。
抜くかんじ?ってゆか、やさしくって丸みがあってあったかい色合い。
私とか、派手にしようとするとやたら高くなったり
伸ばすのでも強くなるばっかで、
どうにも耳に痛い感じがやだ。
あぁいうニュアンスがでればなぁって思う。

あとなんかグルーヴてゆかあるて思う。
それがスィング感てゆうのんかもしれないけど
はねる感じとかあからさまじゃないのに
含んでみせる抑揚が楽しくて
そういうの聞くとすごく惹かれる。
歌いたい~~!ってすごい思う(笑)

このアルバムは私みたいにジャズ歌いはじめたいけど
なにからやっていいやらあわあわって思う人に
ぴったりと思われます。
このピンクのジャケのは第二弾で先に赤いジャケの
「Woman The Best Jazz Vocals」
があります。
歌ってる人は「more」盤とほとんどいっしょ。
なんだけど第一弾は
しっとりスイートバラードでまとめてあるようなので
レストランとかでかかってるようなしっとり大人の雰囲気
現代的でおしゃれな雰囲気
求める女性の方とかだと第一弾赤ジャケの方がいいかも。
だって。(わたし聞いてないくせにえらそうだけど
レビュとかみるとそんな感じ)

私が買った第二弾、ピンクジャケの方は
はねる感じいっぱい。
まさにディズニーシー?な感じの
かわいい感じでまとまってます。
まるで今の私のためにあるかのような!!

ってわけでとっても嬉しい買い物だったんだ。

ジャズのボーカリストとか全然知らなくて
「エラフィッツジェラルド」「ペギーリー」「ビリーホリデイ」くらいしか
言えない私でしたが(笑)
このアルバムのおかげでたくさんジャズボーカリストさんを知ったので
ここで気にいった人からいろいろ聞いてみたいと思います。

SILJE NERGAARD(なんでこれでセリアって読むんだ?!)
あとBLOSSOM DEARIE(ブロッサム・ディアリー)
がかわいくておもしろい!
普通にジャズでなに聞いたらいいですか?って
きいてもでてこなそうだけど
私はすごく好き。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.22

当面私の課題*桜子はジャズをがんばるのか?!

※このエントリはゆかりんさんち(ジャズとシンプルライフの部屋)の
ココログフラッシュにのっかろうと思って書いてます(笑)
いやいや、ま、それだけじゃないんですけど・・・


先週も毎月恒例、三軒茶屋ミトラサルさんの
BBBと遊びましょセッションに、潜入してきました。
といっても、その前一週間くらいずっと忙しくて
もう全然へろへろしてて
ジャズ歌うどころか
まともに聴けてもいなかったし、
「今日は見学!」って決めて伺いました・・・
ところ・・・
結局トミーさんに押し切られて歌いましたよ!misty!!

トミーさんは朗らかドラマーさんで
ほんと人当たりがよくって
みんなに優しくて・・・
でも本当に「いや、いいんです!
今日は見学って本当に見学なんです」って
必死に断る私をおしきってでも歌わせるのは
なんでなんですか~!?(泣)
下手したらトラウマになりますよぉ!!
私も軽く「給食にでた嫌いな野菜を
食べるまで残される小学生の気持ち」に
なりました。(かわいそう・・・

いやいや、言いたいことはそういうことじゃなくて、
ちょっと
自分がどうしたいのか、
本当にジャズが歌いたいのか?
って迷ってたんです。

「misty」はそもそも遊びにいっているジャズバンドが
練習でやってたので、「せっかくなら歌えるようになろう」と
思って歌詞を探したのがきっかけだった。
でも歌ってると不思議な気持ちになる。
なにか「練習をしている」って気持ちになってしまって
どうしても入りきれない・・・。

歌詞を自分で訳して、世界観も分かったつもりだったけど
なんか入りこめない・・・。

ちょっと考えたんですが自分の
ストライクゾーンから微妙に外れてしまっているんだと思った。

元々のきっかけが私にとってはエラフィッツジェラルドで
パピヨンズベースの雲さんが推薦盤として貸してくれた
三枚の中にあったのがエラの「マック・ザ・ナイフ」で
初めて聴いて、心奪われた。
どうしてこんなにもこんなにも楽しそうなんだろう?
跳ね回る・飛びまわる・踊り続ける
ステップを踏みながらどこまでもいつまでも
滑るように流れていく、そんな音楽。
こんな風に歌えたらどんなにか楽しいだろう?って思った。


で、話は戻るけど、ミトラサルで無理やり歌った「misty」は
案の上ぼろぼろで、でもそれが残念とかじゃなくて
どうして「歌いたくない」なんて思ったのか、そればかり気になった。

で、試しに「これ!やりたいです!」って今度は自分から言ってみた。
それが桜子の歌えるもう一曲。
「CHEEK TO CHEEK」
ジャズのスタンダードって曲じゃないだろうし、
みんな知らないかもって思ったけど、いいやって思って。

そしたらやっぱりすっごい楽しいんですよ。
全然違う。。。
歌としてはめちゃくちゃかもしれないけど
歌うことが、音楽が、楽しいって思う。

上記の二つには共通点があって・・・
おそらく「スウィング」というジャンル?
踊るための曲。
ディズニーシーでかかってるような
古いラジオが似合いそうな、
ちょっとノスタルジックな曲。

どうやら私の中で自分の歌えるのは
そういうのでしか・・・ないみたい・・・。
残念ながら(笑)

聴くのは違うんだ。
聴いてる分にはどんなのでも、とても楽しめるんだけどね。
不思議なもんですが・・・

で、結局・・・私の近い課題として
①好きな感じの曲をいっぱい聴く
②その中から自分が歌いたいものの譜面を探す
③バンドの人たちに「これやりたいです」ともっててみる
の順番、みたい。

なので①ぽい曲をとっても探したい気持ちです。
まずはいろいろ調べてみるですよ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)